バストアップの仕組み

MENU

バストアップの仕組みで大事な事とは?

仕組みをイメージする画像。

 

「どうすれば、バストは大きくなるのだろう?」と思っている方もいると思います。

 

「色々、バストアップに良いということを試したけれど、効果が出なかった」という方もいるでしょう。

 

 

 

では、バストアップをするために知っておきたい、バストアップの仕組みについて、ご紹介しましょう。

 

 

女性ホルモンの分泌を活発に。

まず、バストアップを行うためには、女性ホルモンを分泌させていくことが必要となります。

 

 

そのため、サプリメントや食材から女性ホルモンの働きを促してくれるものを、積極的に取り入れることが必要。

 

 

 

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲストロンという2つのホルモンがありますから、これらを活発にさせる成分を積極的に取り入れましょう。

 

 

そして、その後乳腺が発達するように、マッサージやエクササイズなどで乳腺を刺激していくことが必要となります。

 

 

自然とバストアップが行える。

乳腺が発達すれば、乳腺脂肪がつくことになり、自然とバストアップが行えるようになります。

 

 

 

しかし、普段からジャンクフードを食べていたり、ストレスがたまっていたり、無理なダイエットをしていると、バストの育成の邪魔をしてしまうことになります。

 

 

こういった邪魔になる行為も、避けることが大切となってくるでしょう。

 

 

このように、バストアップを行うためには、バストアップの仕組みを知っておくことで、的確なケアを行えるようになります。

 

 

まずは、女性ホルモンの働きを活発にするように、ケアを行っていきましょう。そして、マッサージやエクササイズなどを取り入れると良いですよ。

関連ページ

バストの構造を知る
バストの構造はとても複雑です。構造を知ると、日頃の生活で気をつけるポイントやバストアップによい生活習慣ができますのでぜひ知っておいて下さいね。
バストのサイズは遺伝するの?
バストのサイズは遺伝するのか気になりますよね。お母さんの胸が小さいから娘も同じく胸の大きさになるのでしょうか?本当のところを詳しく解説します。
バストアップに避けたいこと
バストアップを真剣に頑張っていても、なかなか大きくならない事実があります。それは、妨げになる大事な部分を無意識に行なっているからですね。バストアップの避けたい5か条を守ってみてください。
バストアップは習慣化が必要
カンタンなようで難しいのが習慣化です。バストアップには必ず習慣化が必要になってきます。人は、習慣になるまでに21日かかるといわれています。その気づきを解説します。