バストサイズ 遺伝

MENU

バストのサイズは遺伝するの?

家族の遺伝をイメージする画像。

 

「バストの大きさは、遺伝が関係しているだろう」と思っている方も多いと思います。

 

 

確かに、周りを見てみると母親のバストが大きい場合には、お子さんも大きい方が多いですよね。

 

 

 

 

では、実際にはバストの大きさは遺伝するのか、ご紹介しましょう。

 

 

 

 

バストサイズと遺伝の関係は?

実は、バストサイズは遺伝が関係していると考えている方が多いですが、実際には無関係という見方が強くなっています。

 

 

 

ということは、「親も小さいから、私も大きくすることは無理だろう」と諦めることはないということ。

 

 

ご家族で、バストの大きさが同じ場合には、普段食べている食事なども大きく影響しているでしょう。

 

 

 

一緒に生活していると、食べているものも同じものとなりますし、生活スタイルなども同じとなりますから、バストの成長にも関係しているのかもしれませんね。

 

 

 

生活スタイルが影響している可能性。

バストの大きさは、遺伝よりも生活スタイルの方が影響している可能性が大きいということ。

 

 

バストが小さいと感じている方は、自分の生活スタイルなどを見直してみると良いかもしれませんね。

 

 

不規則な生活をしている方、食生活が乱れている方の場合には、これらを改善していくことで、バストアップ効果を高めることが出来るかもしれませんよ。

 

 

まとめ

このように、バストのサイズは遺伝が関係していると考えている方が多いと思いますが、実際には遺伝はそれほど大きく影響しているとは言えません。

 

 

遺伝よりも、生活習慣や食生活などが影響していると考えられますから、自分のライフスタイルを見直してみましょう。

関連ページ

バストの構造を知る
バストの構造はとても複雑です。構造を知ると、日頃の生活で気をつけるポイントやバストアップによい生活習慣ができますのでぜひ知っておいて下さいね。
バストアップの仕組み
今までに色々、バストアップに良いということを試したけれど、効果が出なかったというアナタのために、バストアップの仕組みついて詳しく解説しています。
バストアップに避けたいこと
バストアップを真剣に頑張っていても、なかなか大きくならない事実があります。それは、妨げになる大事な部分を無意識に行なっているからですね。バストアップの避けたい5か条を守ってみてください。
バストアップは習慣化が必要
カンタンなようで難しいのが習慣化です。バストアップには必ず習慣化が必要になってきます。人は、習慣になるまでに21日かかるといわれています。その気づきを解説します。