バストアップに避けたいこと

MENU

バストアップに避けたいことってなに?

妨げをイメージする画像。

 

「今、一生懸命バストマッサージなどを取り入れて、バストアップを目指している」という方もいると思います。

 

 

バストアップを目指すためには、根気強くケアを行っていくことも大切ですから、理想のバストをイメージしてケアを行っていくことが大切ですよね。

 

 

 

しかし、せっかく行っているケアも、バストアップを妨げてしまう様な行為をしている場合には、効果は期待出来なくなってしまいます。

 

 

 

では、どういったことがバストアップの妨げとなってしまうのか、ご紹介しましょう。

 

 

 

タバコを吸うと血液循環が悪くなりホルモンバランスが崩れます。

まず、喫煙はバストアップにとっては避けたいもの。

 

タバコに含まれるニコチンは、体温を低下させてしまい、女性ホルモンの分泌を邪魔してしまいます。

 

 

 

お菓子やジャンクフードをなるべく食べないように。

また、お菓子やジャンクフードなども取りすぎてしまうと、

 

栄養バランスが偏り、女性ホルモンが作りにくくなってしまいます。

 

 

 

冷え性の方はバストアップが難しいです。

女性の方は、冷え症を抱えている方も多いと思いますが、冷えもバストアップにとっては大敵。

 

 

冷え症がある方は、体を常に温める様に意識しましょう。

 

 

オススメは、生姜の紅茶が体の心からあったまるので良いですね。

 

また、ゆっくりお風呂に浸かるようにしてください。

 

 

40度までのお湯に、A阪神欲で20分以上浸かると、内臓から温まります。

 

 

 

睡眠はとても大事です。

睡眠もバストアップには欠かせませんので、夜更かしは避ける必要があります。

 

あなたも聞いたことがあると思いますが、ゴールデンタイムの22時〜2時までは寝るのが効果的です。

 

 

お仕事の関係などで、どうしてもゴールデンタイムに寝ることが難しい場合は、少しでも早くゴールデンタイムの時間内に寝るようにしてください。

 

 

 

ノーブラはかなりのマイナス効果です。

そして、寝る際にはブラジャーを外す方が多いと思いますが、ノーブラで寝るというのはバストアップにとってはマイナス。

 

 

バストアップを目指すのであれば、ブラジャーは付けたままで寝る様にしましょう。

 

でも、普段のブラジャーでは、寝ている間に胸の脂肪が流れてしまいます。

 

 

 

オススメはナイトブラです。

 

ナイトブラは普通のブラより胸のをしっかりサポートするので、胸の脂肪が流れにくくなります。

 

 

 

 

このように、バストアップを目指す際には避けたいこともたくさんあります。

 

ケアを取り入れる際には、これらに注意しましょう。

関連ページ

バストの構造を知る
バストの構造はとても複雑です。構造を知ると、日頃の生活で気をつけるポイントやバストアップによい生活習慣ができますのでぜひ知っておいて下さいね。
バストアップの仕組み
今までに色々、バストアップに良いということを試したけれど、効果が出なかったというアナタのために、バストアップの仕組みついて詳しく解説しています。
バストのサイズは遺伝するの?
バストのサイズは遺伝するのか気になりますよね。お母さんの胸が小さいから娘も同じく胸の大きさになるのでしょうか?本当のところを詳しく解説します。
バストアップは習慣化が必要
カンタンなようで難しいのが習慣化です。バストアップには必ず習慣化が必要になってきます。人は、習慣になるまでに21日かかるといわれています。その気づきを解説します。